INNOVATION LAB
VOICE OF THE EXPERT

専門家インタビュー

「こども食堂」の意義とSDGsを考える

SDGsを意識した活動のひとつとして、子どもの貧困や教育問題に関心のある方は多いのではないでしょうか。コロナ禍で新たな問題が浮き彫りになるなか、全国に約6,000カ所ある「こども食堂」と廃棄寸前の非常食を抱える企業との懸け橋となっている一般社団法人 こども食堂支援機構 代表理事の秋山氏に、主な活動内容と「こども食堂」と子どもの食の問題、SDGsとの関係についてお話を伺いました。

一般社団法人 こども食堂支援機構 代表理事
政策アドバイザー
秋山 宏次郎氏(あきやま こうじろう)
記事を読む