セミナー・イベント

【無料配信】
食品へのコーティング技術
人口減少時代の食品製造現場とは?
~生産効率と現場環境の改善に向けて~

概要

人口減少時代における労働力不足の影響により、食品の製造ラインにおいては、生産プロセスの標準化、省力化、効率化が求められています。このような課題に対し、ノードソンのソリューションは、材料特性に合わせた塗布技術により、食感や見栄えといった商品価値の向上、材料ロスの削減、製造プロセスの標準化・効率化を実現します。今回のセミナーでは、実際の採用事例を、導入前後の変化とともに詳しく紹介いたします。

また、オンラインセミナーに先立って、NHKニュースウオッチ9 気象キャスターであり、
朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」で気象考証を担当された、斉田 季実治 氏に、
「食品価格に影響をおよぼす“異常気象”~いま天気に何が起きているのか~」と題した
特別講演を行っていただきます。

※特別講演との二部構成となっております。

このような方におすすめ

  • ・食品メーカー様
  • ・食品製造機械メーカー様

アジェンダ

  

第一部
NHK総合 ニュースウオッチ9 気象キャスター
斉田 季実治氏
食品価格に影響をおよぼす「異常気象」~いま天気に何が起きているのか~

  

第二部
ノードソン株式会社 執行役員 インダストリアルコーティングシステム事業部長
江口 伸
食品へのコーティング技術
人口減少時代の食品製造現場とは? ~生産効率と現場環境の改善に向けて~ 

食品業界を取り巻く状況(昨今の課題)

  • 人口減少が及ぼす影響
  • 嗜好の変化
  • SNSの発達
  • 環境負荷低減への取組み
  • 材料価格の高騰

エアレススプレーテクノロジーとは?

  • エアレススプレーのメカニズム
  • エアレススプレーの特長
  • 多様なノズルのラインナップ
  • パルス塗布技術
  • 密閉循環回路

食品向けエアレススプレーの導入事例

  • 材料の異なる導入事例の紹介
  • 課題と導入後の変化

講師紹介

講師
ノードソン株式会社 執行役員 インダストリアルコーティングシステム事業部長
江口伸

講師紹介
ドイツ Max Planck研究所に客員研究員として在籍し、その間にStuttgart大学にて無機化学の博士号を取得。帰国後、東京理科大学経営工学科にて信頼性解析の研究に取り組み、1995年にノードソン株式会社に入社。入社当初は、パッケージング & プロダクトアッセンブリー事業部において新規製品群の市場投入を担当、その後インダストリアルコーティングシステム事業部において粉体塗装機販売チームのマネジメントを行う。2009年より同事業部の事業部長に就任、2017年に執行役員に就任し現在に至る。

見逃し配信の申込み

関連製品

エアレスロータリーガン

高速応答のエアレススプレーテクノロジーと、ガン自体の回転機構、ノードソン独自のノズルの組み合わせにより、お客様の塗布したい場所に合わせた最適なスプレーパターンを実現します。

詳細はこちら