エアレススプレーを活用した食品へのコーティング技術

エアレススプレーで飛散を防ぎ
ムダやムラのない食品への
コーティングを実現

エアレススプレーによる材料に空気を当てて
霧にしない技術が材料の周囲への飛散を防ぎ、ロスを削減

コンフォーマルコーティング
飛散が少ないエアレススプレーの採用で、清潔な環境を維持

食品への材料の塗布で
このようなお悩みありませんか?

自動化によって省人化をしたい

塗布量がバラつき、品質が安定しない

周囲への飛散が多く清掃が大変

熟練工の勘が頼りで、標準化ができていない

材料のロスを減らしSDGsに対応したい

材料のコストを低減したい

ノードソンのエアレス技術が解決します

  • 飛散が少ないエアレススプレーの採用で、
    清潔な環境を維持

    エアレススプレー
    塗布効率:60-90%

    エアスプレー
    塗布効率:25-50%

    従来のエアスプレーは、材料に空気を当てて霧状にするため、材料の飛散が多いという課題があります。
    エアレススプレーは材料を押し出す圧力を利用して霧にするため、材料の飛散が少なく作業環境の改善に効果があります。
    またエアスプレーと比較しエアレススプレーを採用することで塗布効率の改善も見込めます。

  • エアレススプレーなら必要な範囲にだけ正確に塗布、
    少ない材料で均一に塗布ができるため
    食品へのコーティングの際に材料コストの削減が可能

    必要な範囲にだけ正確に塗布、少ない材料で均一に塗布ができるため、材料コストの削減が可能

    材料が必要な範囲にだけ塗布されるため、非常に高い塗布効率を実現します。
    不要な箇所への塗布や周囲への飛散でムダにしていた材料を減らし、コストを削減する
    ことが可能です。

  • 再現性の高いスプレー技術と
    コントロールシステムの導入で
    量産ラインでの安定品質を実現

    再現性の高いスプレー技術とコントロールシステムの導入で、量産ラインでの安定品質を実現

    非常に再現性が高いスプレー技術と、制御システムを組み合わせることで、稼働時間の
    長い量産ラインにおいても安定した品質で連続生産が可能です。

このような食品・製品のコーティングや塗布に使われています

ノードソンのエアレススプレー技術は様々な食品や製品のコーティングや塗布に採用されています。
エアレススプレー技術の採用事例をご紹介します。

※写真・イラストは実際の採用事例に基づくイメージとなります

  • コーンアイスへのチョコレート塗布

    コーンアイスへのチョコレート塗布

    導入前の課題

    ・コーンの下方へのチョコレート塗布が難しい

    ・エッジがシャープではないため
    見た目が良くない

    導入後の変化

    ・製品への塗着効率が上がり
    材料コストを削減

    ・コーン全体に均一に塗布することで
    防湿効果が持続

    ・製品の見た目も向上

  • スナック菓子への油塗布

    スナック菓子への油塗布

    導入前の課題

    ・塗布したい材料が広範囲に舞ってしまい、
    非効率

    ・床やダクトを汚染し、清掃作業に時間がかかる

    導入後の変化

    ・必要な箇所を狙ってスプレーが可能で、
    製造環境が改善

    ・スプレー工法を導入することで、製品としての更なる価値の訴求も可能

  • 粘度の高いソース

    粘度の高いソース

    導入前の課題

    ・従来のノズルでは狙った箇所に広がらない

    導入後の変化

    ・低圧塗布(フローコート)により、レベリングしづらい材料の塗布に成功

    ・材料の切れもよく、工程汚染しない

  • 海苔への調味料塗布

    海苔への調味料塗布

    導入前の課題

    ・接触方式で衛生面が心配

    ・全体への均一塗布が出来ず味にバラつきがある

    導入後の変化

    ・非接触方式で衛生面が向上

    ・塗布したい範囲に均一に、正確に塗布が可能

  • 香料入りシロップ等の調味料

    香料入りシロップ等の調味料

    導入前の課題

    ・材料の飛散が多く、生産環境が汚染されてしまう

    ・塗着量にバラつきがあり、後工程での品質に影響する

    導入後の変化

    ・狙ったところに的確に塗布し、飛散を防ぐ

    ・重量管理ができ、製品品質が安定

  • ケチャップ等の調味料

    ケチャップ等の調味料

    導入前の課題

    ・人が手作業で塗布をしており、作業員の確保が難しい

    導入後の変化

    ・塗布量を数値管理しバラつき低減

    ・機械導入による少人化

  • 調味料ボトル内側への潤滑油塗布

    調味料ボトル内側への潤滑油塗布

    導入前の課題

    ・ボトル内部の材料(例:マヨネーズなど)が
    ボトル内に残留し最後まで使いきれない

    導入後の変化

    ・食用の潤滑油を適量塗布することで、
    ボトル内に残留する材料を削減

  • 紙容器への防湿剤塗布

    紙容器への防湿剤塗布

    導入前の課題

    ・環境に配慮し紙製の容器を使いたいが、
    水分や油分が染みこみ長時間使用が出来ない

    ・防湿剤を塗布する際に、ディッピング方式では搬送中に材料が周囲に垂れて工程が汚染される

    導入後の変化

    ・余分な材料(防湿剤)使用量を減らし、搬送中の周囲への材料垂れ落ちを削減し製造環境の改善に貢献

エアレススプレーと
エアスプレーを比較

エアレススプレーは、材料に空気を当てることなく霧状にすることが出来ます。
そのため、一般的なエアスプレーと比較して、塗布効率の大幅な改善が期待できます。

  • 霧化の
    原理

  • 塗布状態

  • 塗布効率(※)

  • エアレススプレー
    (1流体)

  • 霧化の原理
  • 塗布状態
  • 60~90%

  • エアスプレー
    (2流体)

  • 霧化の原理
  • 塗布状態
  • 25~50%

※効率は、材料および被着体の形状により異なります

ノードソンのエアレススプレー

ノードソン独自の高度なエアレススプレー技術で、
これまでの食品へのコーティング工程に
かかっていたコストや効率を大きく改善します。

  • 1000種類以上のノズルの
    ラインナップ

    多様なノズルのラインナップにより、
    ノズルチップの変更のみで使用する材料や
    塗布したい形状、量に合わせた塗布が可能です。

1000種を超えるノズルのラインナップ
  • パルススプレー技術
    (高速応答性)

    高速でON/OFFが切り替わるスプレーガンと、
    コントローラーの組み合わせにより、
    塗布量の管理を簡単に行うことが出来ます。
    また、この技術によりノズル詰まりも少なくなります。

パルススプレー技術 (高速応答性)
パルススプレー技術 (高速応答性) パルススプレー技術 (高速応答性)

導入までの流れ

ノードソンでは、お客様の課題を解決するため、
丁寧なヒアリングとラボテストを実施し
最適なソリューションをご提案します。

  • 導入までの流れ

    STEP 01お問い合わせ

  • 導入までの流れ

    STEP 02ヒアリング

    • 貴社が抱える課題や実現したいことを
      お伺いします。
  • 導入までの流れ

    STEP 03ラボテスト

    • ラボテストを行うので
      導入後に違ったということがありません。
  • 導入までの流れ

    STEP 04システムを検討

    • 最適なシステムご提案のため、
      弊社プロフェッショナルが
      あらゆる角度から検討します。
  • ※複数回くり返す
    場合もあります

  • 導入までの流れ

    STEP 05仕様書締結・契約

  • 導入までの流れ

    STEP 06設置工事等

    • ノードソンが直接設置します。
      ご希望に応じ、他設備との連携なども
      対応します。
  • 導入までの流れ

    STEP 07試運転立ち会い
    トレーニング

    • ノードソンがシステムの導入後もしっかり
      サポートしますので、専門知識は不要です。
  • 導入までの流れ

    STEP 08稼働開始

実績

ノードソンは、世界35カ国以上に拠点を持つ
グローバルカンパニーです。
世界中の製造拠点に、業界最高水準の製品と
サービスを提供いたします。

実績

ノードソン株式会社は、米国ナスダック市場に上場のノードソンコーポレーション100%子会社として1969年に日本市場でビジネスを開始しました。
50年以上にわたり、接着、コーティング関連機器のマーケットリーダーとして、日本のお客さまとのパートナーシップを築き、世界標準の技術をお客さまのあらゆるニーズに合わせて提供いたしております。

“食品へのコーティング技術
オンラインセミナー”
無料配信中

人口減少時代の食品製造現場とは?
~生産効率と現場環境の改善に向けて~

食品業界を取り巻く環境も大きく変化しています。異常気象がもたらす原材料高、人件費の高騰、SDGsへの対応、などに加え、2年にもおよぶコロナ禍は、人々が食に求めるスタイルや、食の生産環境にも大きく影響をおよぼしています。さらに、人口減少時代における労働力不足の影響により、食品の製造ラインにおいては、生産プロセスの標準化、省力化、効率化が求められています。
このような課題に対して、ノードソンでは、食品製造における作業の標準化、コスト削減、品質向上といった効果が期待できるソリューションをご用意しています。材料特性に合わせた塗布技術により、食感や見栄えなどの商品価値を高め、材料のロスを削減できる、ノードソンのコーティング技術は、国内外の多くの食品関連メーカーに採用されています。今回のセミナーでは、実際の採用事例を、導入前後の変化とともに詳しく紹介いたします。
また、オンラインセミナーに先立って、NHK総合 ニュースウオッチ9 気象キャスターの斉田 季実治 氏に、「食品価格に影響をおよぼす“異常気象”~いま天気に何が起きているのか~」と題した特別講演を行っていただきます。