精密塗布・加工による自動化技術

量産化時代に向けた電気自動車(EV)
バッテリー製造の自動化

世界で100万台以上の電気自動車(EV)に電力を供給している
バッテリーメーカートップ10はノードソンの自動化技術を採用しています。

精密塗布・加工による自動化技術精密塗布・加工による自動化技術

ノードソンの自動化技術(一部抜粋)

  • アプリケーション「モジュール接着」

    • ・両面テープでのセル貼り合わせを接着剤自動塗布に変更することによる
      生産性の向上
    • ・省人化によるコストの削減が可能
  • アプリケーション
    「シール・ガスケッティング」

    • ・パッキンを使わないことによる材料費の削減
    • ・ケースカバーの形状変更に柔軟な対応が可能
    • ・省人化によるコストの削減が可能

「脱炭素社会」を目指して、
120を超える国や地域が様々な政策を打ち出しています。

ガソリン車・ディーゼル車
販売規制の状況(一例)

横スクロールできます
国名 規制開始年
(ガソリン車・ディーゼル車)
ガソリン車・ディーゼル車 プラグインハイブリッド車
ドイツ※1 2030 販売禁止 販売禁止
フランス 2040 販売禁止 販売禁止
イギリス 2030 販売禁止 販売禁止
(2035年から)
スペイン 2040 販売禁止 販売禁止
ノルウェー 2025 販売禁止 販売禁止
中国※2 2035 ハイブリッド車のみ
許可
規制なし
アメリカ
(ワシントン州)※3
2030 販売禁止 販売禁止

各国政府発表より
※1 ドイツ連邦参議院を通過
※2自動車エンジニア学会発表
※3 ワシントン州議会にて法案可決

ガソリン車・ディーゼル車の販売を規制する動きを受け、
ますます電気自動車市場の拡大が見込まれます。

電気自動車市場が、今後10年間で現在の約4倍近くの規模にまで拡大するとの市場予測のもと、
車載用リチウムイオン電池の市場も急拡大しています。

世界乗用車販売に占める各パワートレインの構成比予測(半年毎に更新)

2021年1月時点の予測です。

世界乗用車販売に占める各パワートレインの構成比予測(半年毎に更新)

引用:自動車産業ポータル MARKLINES 
市場予測 - 自動車産業ポータル マークラインズ (marklines.com)

解決策お客様の課題を解決し生産効率を高めるには

STEP1

日本における電気自動車(EV)のバッテリー製造工程の生産効率を引き上げるには、
生産プロセスの自動化によるリードタイムの短縮が必要です。

お客様の課題

1.工程管理

  • ・複雑形状なワークへの塗布
  • ・煩雑な段取り替え

2.品質

  • ・オーバーコート
  • ・エアー噛み込み
  • ・両面テープによるばらつき、
    貼り合わせ後のギャップ
  • ・不安定な放熱剤塗布

3.コスト

  • ・手作業による作業工数の増加
  • ・材料のムダ

これらの課題を解決するノードソンアプリケーション代表例これらの課題を解決する
ノードソンアプリケーション代表例

  • セパレーター成膜
  • 電解液充填
  • セルスタッキング
  • パックアセンブリー
  • 正極/負極材、
    セパレーター接着
  • パウチセルエッジ
    保護・折り込み
  • モジュール接着
  • シール・
    ガスケッティング

STEP2

ノードソンの精密塗布技術ソリューションは、あらゆる段階において
電気自動車(EV)のバッテリー製造の生産工程を改善します。

  • 構成部品製造

    構成部品製造

    正極、負極、
    電解液、バインダー、
    セパレーターの生産

  • セル製造

    セル製造

    リチウムイオンセル
    (パウチ、角型または円筒形)の
    生産とアセンブリー

  • モジュール生産

    モジュール生産

    電子管理による
    単一セルの
    大きな
    モジュールへの統合

  • バッテリーパック
    アセンブリー

    バッテリーパックアセンブリー

    電源、放熱、および
    温度管理機能を
    備えた
    バッテリーパックへの
    モジュールの統合

  • プロダクト
    インテグレーション

    製品統合

    世界中の電気自動車、
    再生可能エネルギー、
    貯蔵ソリューションに搭載

ノードソンでは、
バッテリーの大量生産に必要とされる、
高精度な微細塗布から大量塗布までの
アプリケーションについてカバーしています。
オンラインセミナーでは、構成部品製造、
セル生産、モジュール生産、バッテリーパックアセンブリーにフォーカスしながら、
グローバルでの知見に基づく
具体的なソリューションをご紹介します。

用語解説

環境に配慮した自動車が次々に誕生し、アルファベットの略式で呼ばれるものが増えました。
電気自動車はEVと呼ばれますが、このEVとは「Electric Vehicle」の略になります。最近では、HV、PHV、FCVと区別するために、BEV「Battery Electric Vehicle」と呼ばれることもあります。

以下、その一部をご紹介します。
・HV→Hybrid Vehicle
エンジンとモーターの二つの動力で走行
・PHV→Plug-in Hybrid Vehicle
外部電源から充電ができるハイブリッド車
・FCV→Fuel Cell Vehicle
燃料電池自動車を指し水素と酸素で発電し電力を供給

実績

ノードソンは、世界35カ国以上に拠点を持つグローバルカンパニーです。
世界中の製造拠点に、業界最高水準の製品とサービスをご提供いたします。

実績

ノードソン株式会社は、米国ナスダック市場に上場のノードソンコーポレーション100%子会社として1969年に日本市場でビジネスを開始しました。
50年以上にわたり、接着、コーティング関連機器のマーケットリーダーとして、日本のお客さまとのパートナーシップを築き、世界標準の技術をお客さまのあらゆるニーズに合わせてご提供いたしております。

バッテリー製造工場のあらゆるところにノードソンの技術が採用されています「自動車向けバッテリーセミナー」

アプリケーション「モジュール接着」

アプリケーション「モジュール接着」

カーボンニュートラル時代を走る次世代型自動車とは